何度、色恋してもおもうことはやっぱり耐え難いという要素

近頃、自分としては人間生最後になるかな?という恋の最中だ。今まで付き合った人間は5人間、2人間眼の人間と結婚して離婚して近頃45才、年齢チックにも今の彼氏とライフを添い遂げればと思ってるのですが、彼女が変わってもお互いのことを理解してくると想うのはメンズと奥様の隔りから来る徳義心や主観方の隔りで「このまま一緒に居ても続けられるかのかな?」という当惑が出ます。今の彼氏は5才年上で知り合った特は年齢ズレも居残る賜物か包容力がある経済的にも落ち着いた大人間のダディと思ったのですが社交が長くなってくるとおもうのは結局、メンズはどっか乳児で奥様のこちらが大人間のサービスをしなきゃいけないというステージが出てきます。これは博士や愛が上手く行っている時はまあまあで済むのですがこちらもいつもやる気に余裕がある訳じゃないのでストレスが溜まってる際などは「何言ってるの?」と地雷が込み上げます。主人とは付き合って2年たち私の乳児が2年後に高校生を卒業して一本立ちやる計画なのでそのタイミングでブライダルを考えてるのですが同じことが頻繁に起きると不可能になる際が加わるような気がします。年齢チックにも幼くないし失恋などかなりのストレスになるので避けたいのですがこればっかりは近頃、どうなるものでも無くどうしたらいいのかと思います。ボクが賢くのぼり回ればいいのかもしれませんが結構ズバっと言われると何も言えないしショックでどう返答してよいか何も出来ない琴が多いです。後から思い返して腹が立ってしまうことが多いです。先方もバツイチで離れた婦人の所に乳児もいるのでいっそブライダルしないで暮す方が何かあったときの面倒を思うといいのかな?と思ったり好きな人間なんだからやっぱりブライダルしよという奥様の正直な気落ちもあります。恋は何ごと経験しても賢くなるわけでも無く、相手にも因るのでどうしたらよいか女性には毎日、精進の毎日だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です