負けいくさを恐れるな。こういう言葉の重みを知った戯画で人生のキッカケが訪れた

身がきつく影響を受けたアニメとして紹介する品物は、福本伸行師範作品、「天-天和通りの快男児」だ。麻雀アニメ雑誌「近代麻雀ゴールド」で連載されていた、麻雀アニメで、麻雀アニメとしても魅力の厳しい品物ですが、身がとても驚嘆のは、麻雀シーンでは乏しい所です。

こういう品物の終盤、中心人物の一人間です赤木しげるは、アルツハイマーに加わり、「自分」というものを強く意識して生きていた旦那は、体験がなくなるため自分がなくなる前に自殺始める、ということをかつての友や、戦った目当てを呼び寄せ、一人間一人間に話します。自殺など講じるなと説得する者もいれば、同じく重たい病を患い、自分にも死が間近いと告白する者もいました。

そのの間の一人間、井川ひろゆきは、最初は自殺を止めるために説得をしようと思っていましたが、最初のワンポイントがの間々言いだせずにいました。それを見た赤木は、ひろゆきの現状を見抜きます。いのちが煙っていらっしゃる、真っ直ぐ生きていない、立ち止まっていらっしゃる、と。それはファクトでした。旦那も麻雀打ちとして生きていましたが、赤木しげるや、こういう品物の中心人間パブリック、天貴史などの強さのグランドには届かないことを悟り、対決師ではなく、会社員として、死んだように生きていました。そのひろゆきに掛けた赤木しげるの言葉があまりにも温かく、たくましく、そして読んでいた身をとても感心させました。

「勝利を志すな、と言ってるんじゃない。その好き嫌いにとらわれ、思い煩い、止まってしまう意味。意欲を失ってしまう意味。これがまずい。こっちの方が問題だ。すばらしいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら優等よ…!まるで済む。済む話です。だから、恐れるな。増やす…!へまを恐れるな…!」

こういう赤木の口上はごく一部ですが、旦那のいう「へまを恐れるな」のウェートは、世間でよくおっしゃるそれとは水準が違う。勿論誰だって勝利はしよだ。しかし旦那はこうも指し示す。「それはデコです」と。勝利は人間生のデコ。ただやる事、その意欲、実施そのものが、通じるってことなのだと。こういう言葉が、どれだけ身を勇気付けたでしょう。そして、今でも立ち止まった時は、旦那の言葉が前に進むための刺激になっています。