視線は私の引け目。人にはイヤですなとおもうパーツがいくつかあるカタチ。

私の眼は腫れぼったくて肉厚な深層二重の眼だ。面持のことを気にするようになってから、二重になりたいなと思ったり瞼の脂肪が減らないかな?と悩んだりすることが多くなりました。まず一番初めに行ったことは、お風呂で眼の運動をすることでした。前述を見てみたり、下を見てみたりして眼球をいっぱい動かして瞼の肉をいっぱい動かして燃やす作戦でした。そして、それでも面持全体の肉が多いことや太ってることがきっかけかと思って、体内から痩せようと憧れ減量をしました。15距離痩せてみて初めて面持の肉付きが少し減らせたかな?と見受けるくらいでした。そして、少しやせたことによって、瞼の荷重も減ったので、アイプチなどを努めました。二重になることが最良でしたが、やはりもともとの眼の整備がとても苦しい気分なので、さっぱりした目のあたりは設けることが出来ませんでした。アイプチも働きがあまり期待できませんでした。それから、瞼のマッサージをして血行をよくして眼のむくみもなるべく残さないように努めました。そのうえ、さらに減量を続けました。がりがりになった時分に、このくらいの眼の腫れぼったさが私の一生懸命ですなと知り、自分の暑苦しい面持の整備を応じることにしました。そして、アイプチではなくて、アイテープを使うようにしたら、瞼が重くてもどうにかはっきりした深層両方を買い付けが出来ました。しかし、人と接近して思いっきり笑えなかったり、テープのことを気にかけて楽しめないこともあります。なので今ではあるがままの眼を取込み他のパートに自信を持つことにしたり、眼の引け目にばかりセンスがいかないように工夫してファッショナブルをとりいれて、目のあたりの引け目を軽減しました。本音を言えば整形なども望むくらいですが、お金が乗り遅れるので、いろいろこれからも工夫していくと思います。FXキャンペーンでキャッシュバックしちゃおう!

人は誰でも死ぬ。だからこそ、死と向き合わなくてはならないことを教えてくれた漫画。

わたくしが影響を受け、そしてここで紹介する戯画は、鬼頭莫宏教員作品、「ぼく陣の」だ。こういう品物は、通称ロボット戯画であり、高さ500メートルの巨大ロボット「ジアース」が仇のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数呼称の少年女児で、ここまではロボット戯画としては物珍しい用意ではありません。機体の体格が甚だしくマッポいと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル階級だ。

こういう品物の用意で衝撃的なのは、パイロットは、戦闘帰路、必ず死ぬ、ということです。メイン人間表面たちが跨るロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年女児は15人間。一回の戦闘で一人間、指揮者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットの反応に、人間一人間のいのちを取り扱うのです。一人間目は戦闘帰路、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人間目はまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年女児はこういうロボットのレジスタンスの正義を知ることになります。以上、連中は、自分たちが必ず死ぬ、という実質と向き合わなくてはならなくなりました。

死と取り扱う。これがこういう品物の考え方だ。正義を知らされて以降のパイロットら一人間一人間は、各々の発想で死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みの起こる相手に報復始める者、死んだ先、自分の臓器を病気に耐える友人間に提供する者、愛する肉親を続けるためにいのちを扱う者、様々です。そして、少年女児らが死と立ち向かうように、読者です私も一緒に死と向き合うのです。

人間は死にます。イレギュラーなどありません。会話の連中は、ロボットの正義によって死なねばなりませんが、私達のある現実の世界も、粗方は理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。わたくしは、こういう戯画を通してそれを知りました。